試験運用中なLinux備忘録・旧記事

はてなダイアリーで公開していた2007年5月-2015年3月の記事を保存しています。

メールマガジン:GTK+のGUI部品のレイアウトに用いるGtkGridについて(概要,GUI部品の追加)

この記事について

メールマガジンの系統は「GTK+開発など」です。
GTK+GUI部品のレイアウトに用いるGtkGridというGUI部品(バージョン3.0以上のGTK+が必要)についてを扱っています。中で扱っているコードはPyGIを使用したものですが、GUI部品の使い方自体についてはプログラムを記述する言語には依存しない内容となります。
GtkGridについて理解できているであれば、この記事を読む必要はありません。
メールマガジンの詳細については「『試験運用中なLinux備忘録メールマガジン』の発行について」を参照してください。

途中までの内容

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃GTK+のGUI部品のレイアウトに用いるGtkGridについて                  ┃
┃(概要,GUI部品の追加)                                              ┃
┃                                                  GTK+,Python,PyGI┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━
GtkGridについて
━━━━━━━━
GtkGridというGUI部品は場所を複数に分ける働きをするものの1つだが、
縦方向と横方向のいずれにも分割が行えて、表のような形にしてGUI部品を
配置することもできる。
同様のGtkTableというGUI部品も存在するが、GtkGridは

(略)

などの違いがあり、また、GtkBox系のGUI部品(非推奨/廃止予定となった
GtkVBox/GtkHBoxを含む)の代替としての使用も推奨されている。

───────── (以下は見出しのみの紹介となります) ─────────

━━━━━━━━━━━━━
GtkGridオブジェクトの作成
━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━
子のGUI部品の追加
━━━━━━━━━
───────────
詳細な指定が可能な方法
───────────
────────────
詳細な指定が可能な方法2
────────────

関連記事: