試験運用中なLinux備忘録・旧記事

はてなダイアリーで公開していた2007年5月-2015年3月の記事を保存しています。

freedesktop.org準拠のデスクトップ環境における幾つかの日本語ディレクトリを端末シェルで扱いやすくする(方法4の続き)

freedesktop.org準拠のデスクトップ環境における幾つかの日本語ディレクトリを端末シェルで扱いやすくする(方法4)」の続きとして、GUI環境での特殊ディレクトリの表示のされ方に関係した内容を扱う。

以下は見出し「方法4:カスタム設定」における続きとなる。

GTK+アプリケーションのブックマーク内の項目の更新について

GTK+アプリケーションのファイル選択ダイアログでは、はじめから

  • ドキュメント
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ダウンロード

といった項目がブックマークとして含まれており、ロケールが変化したときにxdg-user-dirs-gtk-updateを実行してディレクトリ名を更新した場合にはこれらの項目も更新されるが、
freedesktop.org準拠のデスクトップ環境における幾つかの日本語ディレクトリを端末シェルで扱いやすくする(方法4)」のようにしてuser-dirs.dirsを手動で編集した場合はこの更新作業([ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksの編集)を手動で行うか、一時的に[ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksを退避(名前変更や移動)後にxdg-user-dirs-gtk-updateを実行して再作成された[ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksに含まれるブックマーク項目と退避ファイルの内容を統合する形で適用することになる(特殊ディレクトリ群の古い項目群は除く)。
xdg-user-dirs-gtk-updateを実行する場合は、user-dirs.dirsに記述したディレクトリ群を先(事前)に作成しておく。
今回[ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksを退避後にxdg-user-dirs-gtk-updateを実行したところ、下の5行の内容の[ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksが作成されたので、退避ファイルの内容をこの後ろに付けることにした。
[一部]ファイル名: ~/.gtk-bookmarks

file:///home/[ユーザ名]/Documents%23%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88
file:///home/[ユーザ名]/Music%23%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF
file:///home/[ユーザ名]/Pictures%23%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3
file:///home/[ユーザ名]/Videos%23%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA
file:///home/[ユーザ名]/Downloads%23%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89
(古い~/.gtk-bookmarksの内容の内、上のディレクトリ群以外の項目をこの場所にコピペする)

ただ、これだけではブックマーク項目の表示文字数が長くなるため
[一部]ファイル名: ~/.gtk-bookmarks エンコーディング: UTF-8

file:///home/[ユーザ名]/Documents%23%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88 ドキュメント
file:///home/[ユーザ名]/Music%23%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF ミュージック
file:///home/[ユーザ名]/Pictures%23%E3%83%94%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%A3 ピクチャ
file:///home/[ユーザ名]/Videos%23%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA ビデオ
file:///home/[ユーザ名]/Downloads%23%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89 ダウンロード
(古い~/.gtk-bookmarksの内容の内、上のディレクトリ群以外の項目をこの場所にコピペする)

上のように表示名を指定するようにした。ただ、このように表示名を付けても、GIMPのファイル選択ダイアログやThunarなどのGUIファイルマネージャのように、ディレクトリ名がそのまま表示される箇所はソフトウェアによって出ることがある。

画像はGIMPのファイル選択ダイアログの左側のブックマーク表示部(「ドキュメント」から「ダウンロード」)とその上の「ピクチャ」と「ドキュメント」の生ディレクトリ名が表示されている項目。アイコンテーマはelementary。
なお、[ホームディレクトリ]/.gtk-bookmarksの内容はバージョン2系のGTK+でもバージョン3系のGTK+でも同じように扱われる。

関連:特殊なディレクトリのGUIファイルマネージャ内のアイコンについて

Nautilus,Thunar

GNOMEのファイルマネージャNautilusやXfce4のファイルマネージャThunarでは、「freedesktop.org準拠のデスクトップ環境における幾つかの日本語ディレクトリを端末シェルで扱いやすくする(方法4)」のようにしてuser-dirs.dirsを手動で編集した場合でも、「freedesktop.org準拠のデスクトップ環境における幾つかの日本語ディレクトリを端末シェルで扱いやすくする(方法1-方法3)」で挙げた特殊なディレクトリ群はアイコンテーマ内の専用アイコンで表示される(左のサイドバー/サイドペインでも同様)。

画像はThunarでの表示。アイコンテーマはelementary。
アイコンテーマ内に該当する画像ファイル([/usr/share/icons/ もしくは [ホームディレクトリ]/.icons]/[テーマ名]/places/[サイズもしくはscalable]/内の「folder-」で始まる幾つかのファイル群とデスクトップアイコンの「user-desktop」のファイル)がない場合は別のアイコンテーマから代替表示される(例えば「Tango」テーマを使用するように設定すると、幾つかのディレクトリのアイコンが別のテーマのものになる)。

PCManFM

LXDEのファイルマネージャPCManFMでは、バージョン0.9.10時点では上記のディレクトリ群はアイコンテーマ内の専用アイコンで表示されることはない(基本的に通常のディレクトリのアイコンとなる)。

Dolphin

KDE Software CompilationのファイルマネージャDolphinでは、各ディレクトリのコンテキストメニューから「プロパティ」を選択して「一般」タブの左上にあるアイコンのボタンを押して一覧からアイコンを選択することで、任意のアイコンが指定できる(特殊なディレクトリ群に適したものは「システムアイコン」の「場所」の一覧にある)。この設定は各ディレクトリ内の.directoryという隠しファイルに保存される。

Dolphinにおける特殊なディレクトリのためのアイコンの設定例
ディレクトアイコン
デスクトップuser-desktop
ピクチャfolder-image
ビデオfolder-video
ダウンロードfolder-downloads
テンプレートfolder-txt
公開network-workgroup
ドキュメントfolder-documents
ミュージックfolder-sound
上のようにアイコンを指定するとディレクトリは下のように表示される。

関連記事:

使用したバージョン:

  • xdg-user-dirs-gtk 0.9
  • xdg-user-dirs 0.14
  • Nautilus 3.4.2
  • Thunar 1.2.3
  • PCManFM 0.9.10
  • Dolphin 2.0
  • GIMP 2.6.12