試験運用中なLinux備忘録・旧記事

はてなダイアリーで公開していた2007年5月-2015年3月の記事を保存しています。

古い内容

SofTalkなどで用いられている音声合成エンジンAquesTalk2のCCライセンス版について跡地

(2018/10/12)本記事は「ゆっくりボイスAquesTalk2のLinux用CCライセンス版とサンプル」へ移動した。

Luaコード例#6:Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い(ページ3/3跡地)

(2019/4/16)本記事は「Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い」へ移動した。

Luaコード例#6:Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い(ページ2/3跡地)

(2019/4/16)本記事は「Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い」へ移動した。

Luaコード例#6:Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い(ページ1/3跡地)

(2019/4/16)本記事は「Luaにおける条件分岐(if文,関係演算子,論理演算子)とコマンド行引数の扱い」へ移動した。

Luaコード例#5:Luaにおける算術演算子(ページ2/2)跡地

(2018/11/14)本記事は「Luaにおける算術演算子」へ移動した。 -7 --> 7 --> -7 - > i = 1 i = 1 > i = i + 1 i = 2 > i = i - 10 i = -8 |

Luaコード例#5:Luaにおける算術演算子(ページ1/2)跡地

(2018/11/14)本記事は「Luaにおける算術演算子」へ移動した。 低い「^」(累乗の計算) > 「*」「/」「%」(掛け算や割り算) > 「+」「-」(足し算や引き算) |

X Window Systemで動作する自動クリックツール(連打ツール)のxAutoClickについて(バージョン0.31時点・GUI版の改造跡地)

(2016/3/12)本記事は「LinuxのX Window Systemで動作する自動クリック・連打ツールxAutoClick」へ移動した。

X Window Systemで動作する自動クリックツール(連打ツール)のxAutoClickについて(バージョン0.31時点・使い方跡地)

(2016/3/12)本記事は「LinuxのX Window Systemで動作する自動クリック・連打ツールxAutoClick」へ移動した。

Luaコード例#4:おみくじ/複数の文字列の内の1つを無作為に選択する(ページ2/2)跡地

(2018/11/11)本記事は「おみくじ/複数の文字列の内の1つを無作為に選択する」へ移動した。

Luaコード例#4:おみくじ/複数の文字列の内の1つを無作為に選択する(ページ1/2)跡地

(2018/11/11)本記事は「おみくじ/複数の文字列の内の1つを無作為に選択する」へ移動した。

X Window Systemで動作する自動クリックツール(連打ツール)のxAutoClickについて(バージョン0.31時点・概要とインストール跡地)

(2016/3/12)本記事は「LinuxのX Window Systemで動作する自動クリック・連打ツールxAutoClick」へ移動した。

Luaコード例#3:グローバル変数とローカル変数(ページ2/2)跡地

(2018/11/11)本記事は「グローバル変数とローカル変数」へ移動した。

Luaコード例#3:グローバル変数とローカル変数(ページ1/2)跡地

(2018/11/11)本記事は「グローバル変数とローカル変数」へ移動した。

Luaコード例#2:文字列関係の一部処理とフォーマット(ページ2/2)跡地

(2018/10/26)本記事は「文字列関係の一部処理とフォーマット処理」へ移動した。

Luaコード例#2:文字列関係の一部処理とフォーマット(ページ1/2)跡地

(2018/10/26)本記事は「文字列関係の一部処理とフォーマット処理」へ移動した。

Luaコード例#1:標準出力と標準エラー出力に文字列を出力する跡地

(2018/10/25)本記事は「標準出力と標準エラー出力に文字列を出力する」へ移動した。

自由なソフトウェアのグラフィックドライバ使用時の動画再生支援について(AMDとNVIDIA向け・Ubuntu 14.04時点跡地)

(2015/11/19)本記事は「LinuxでGPUの動画再生支援を用いる(主にDebian/Ubuntu向け)」へ移動した。

redshiftでブルーライトを軽減する表示色変更を行う(バージョン1.8時点・後半跡地)

(2015/6/4)本記事は「画面の色温度を下げてブルーライトを軽減するredshift」へ移動した。

redshiftでブルーライトを軽減する表示色変更を行う(バージョン1.8時点・前半跡地)

(2015/6/4)本記事は「画面の色温度を下げてブルーライトを軽減するredshift」へ移動した。

WOLF RPG エディターのバージョン2.10で作成された作品をWineで3Dモードで動かしたときに文字描画が崩れる現象について(2014年2月末時点)

(2015/12/28)本記事は「WineでWOLF RPG エディター 2.10作品が3Dモード時に文字化けする問題と対処」へ移動した。(2015/2/2)この問題については「WOLF RPG エディター 2.10作品が3Dモード時にWineで文字化けする問題の邪道な対処」を参照。以下、以前の内容…

cpコマンドでファイルやディレクトリをコピーした際に保持される情報/属性について

(2019/4/10)本記事は「cpコマンドのコピーで保持される属性」へ移動した。以下、以前の内容となる。 ファイルやディレクトリをコピーした際に保持できる情報/属性の種類 ファイルやディレクトリにはその名前の他にファイルシステム上の幾つかの情報が存在す…

多くの機能を1つの実行ファイルに集めたBusyBoxの使い方跡地

(2015/8/3)本記事は「組み込みLinuxの十徳ナイフ。多数のコマンドを集めたBusyBoxの概要と使い方」へ移動した。

画像編集ソフトGIMPでWebP画像を読み書きする(GIMP 2.8系時点)

(2019/4/6)バージョン2.10以上では標準でWebPに対応している。エクスポート時のダイアログはこのプラグインのものとは少し異なる。以下、以前の内容となる。ラスタ(ビットマップ)画像を作成・編集するソフトウェアGIMPは、バージョン2.8系時点では標準ではWe…

多くの機能を1つの実行ファイルに集めたBusyBoxの概要跡地

(2015/8/3)本記事は「組み込みLinuxの十徳ナイフ。多数のコマンドを集めたBusyBoxの概要と使い方」へ移動した。

LHA書庫を展開する自由なソフトウェアlhasaについて(バージョン0.2.0時点跡地)

(2015/5/11)本記事は「LHA書庫(.lzh/.lhaファイル)をLinuxで扱う」へ移動した。

Wine上のRPGツクール2000作品の動作についての追加メモ(バージョン1.6時点跡地)

(2016/2/11)本記事は「Wine上のRPGツクール作品の動作(95からVX Aceまで)」へ移動した。

Fontconfigサポート有りなバージョン1.5.18以上のWineにおけるフォントのアンチエイリアシングについてのメモ(バージョン1.6-rc4時点跡地)

(2016/2/11)本記事は「Wine上のRPGツクール作品の動作(95からVX Aceまで)」へ移動した。

Mageia 3(Mandriva Linuxの派生ディストリビューション)に関する幾つかのメモ(2013年6月上旬時点)

2013年5月に3番目のバージョン「Mageia 3」が公開されている。常用はしていないので、あまり詳しい内容は扱わない。 一部の構成パッケージのバージョン パッケージの大規模な再ビルドについて PyGI関係のメモ Wineについてのメモ(64bit関係) VirtualBox関係…

Ubuntu 13.04における幾つかのメモ(PPAのパッケージ更新,Open JTalk関係,legacy版fglrx)

PPAのパッケージを更新 Open JTalkと声データについてのメモ fglrx-legacy(古めのRadeon HD向けのドライバ) PPAのパッケージを更新PPAリポジトリ ppa:kakurasan/stable ppa:kakurasan/unstable で公開しているパッケージは既にUbuntu 13.04向けの更新が完了…

Ubuntu 13.04における幾つかのメモ(Google Chromeとcpufreqd関係・2013/4/27時点)

Google Chromeが動かない件とその対処 cpufreqdがシステムのデーモンとして起動しない件とその対処 Google Chromeが動かない件とその対処2013/4/27時点でダウンロード可能なGoogle Chromeはlibudevのバージョン0(libudev0)に依存しているが、Ubuntu 13.04で…