試験運用中なLinux備忘録・旧記事

はてなダイアリーで公開していた2007年5月-2015年3月の記事を保存しています。

実験

画像ビューアGImageViewにおけるxine-lib 1.2対応について(2014年10月時点)

先日PPAリポジトリ「ppa:kakurasan/unstable」のUbuntu 14.10向けのパッケージを単純に再ビルドするという形でアップロードした際、パッケージビルドの段階でエラーが発生したことによって判明したことだが、画像ビューアGImageViewで動画再生機能を利用する…

画像ビューアGImageViewの開発のその後(2014年10月時点)とlibmngのテストプログラムの問題について

開発版ソースの新しいリポジトリについて リポジトリ移行後の修正点 libmngの検出に失敗する件とその対処 開発版ソースの新しいリポジトリについてこれまでSubversionを用いて管理されていたソースはその後 github.com/ashie/gimageview で管理されており so…

char,int,short,long,long long,float,double,long double,size_tのそれぞれの型のバイト数をx86_32とx86_64それぞれで調べる

sizeof演算子を用いて char int short long long long float double long double size_t のそれぞれの型の大きさを得るためのプログラムをx86_64版のGNU/Linux上で作成してx86_32版とx86_64版をそれぞれコンパイルし、結果を比較してみることにする。 [任意]…

FFmpegで映像のエンコード時に拡大/縮小を行う際のオプション指定について(バージョン0.6.1時点)

拡大/縮小時のサイズ指定 FFmpegで映像のエンコードを行う際、サイズを拡大もしくは縮小したい場合には-sオプションを用い、後ろにピクセル単位で「[幅]x[高さ]」を指定する。 $ ffmpeg -i [入力ファイル] -s [幅]x[高さ] (オプション...) [出力ファイル] 拡…

libsoupライブラリのHTTPサーバ機能を用いたテスト(例)

「libsoupライブラリのHTTPサーバ機能を用いたテスト(メモ)」の続きとして、簡単な例を貼り付ける。 例 [任意]ファイル名: httpservertest.vala エンコーディング: UTF-8 /* * libsoup 2.4を用いたHTTPサーバのテスト * * 例: * http://127.0.0.1:11111/ * h…

libsoupライブラリのHTTPサーバ機能を用いたテスト(メモ)

GNU/Linuxにはlibsoupというネットワーク関係のライブラリがあるのだが、これはGObjectライブラリに基づいており、GTK+,libnotify,GStreamerなどと同様に、Vala言語からはそのまま言語の文法上でライブラリの機能を(オブジェクト指向で)扱うことができる。 …

recordMyDesktopが書き出す一部の動画がまともにエンコードも編集もできない場合の対処とFluxboxのウィンドウ装飾を消す設定について

http://cid-3f9be5b1cd4a806c.office.live.com/self.aspx/%E5%85%AC%E9%96%8B/%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E7%94%A8%E7%B4%A0%E6%9D%90/recordMyDesktop%E5%A4%89%E6%8F%9B%E4%B8%8D%E5%85%B7%E5%90%88/pingus-06.ogv にアップロードした動画の先頭で数秒間…

x264とそのライブラリを用いたFFmpeg,MEncoderの可逆(ロスレス)エンコードに関する覚え書き(後半)

「x264とそのライブラリを用いたFFmpeg,MEncoderの可逆(ロスレス)エンコードに関する覚え書き(前半)」の続き。 FFmpegとMEncoderからのlibx264のロスレス指定について FFmpeg FFmpegにはコーデックごとにオプション群を一括で指定するプリセットの仕組みがあ…

x264とそのライブラリを用いたFFmpeg,MEncoderの可逆(ロスレス)エンコードに関する覚え書き(前半)

x264コマンドとその機能を提供するlibx264ライブラリで指定できるパラメータ指定の内 crf=0 qp=0(FFmpegからの利用ではcqp=0) の2つが可逆(lossless/ロスレス・以下ロスレス)エンコードを行うためのものであることが分かったのだが、オプションが2種類あるの…

Mandriva Linux 2010.1上のGTK+ 2のファイル選択ダイアログを開くのに初回だけ時間がかかることがある件についてとその対処

タイトルの通り、Mandriva Linux 2010.1のGUI環境上でGTK+ 2のファイル選択ダイアログを開こうとすると、初回だけ開くのに時間がかかるという現象が起き、その際には端末に ([プログラム名]:xxxxx): GVFS-RemoteVolumeMonitor-WARNING **: invoking IsSuppor…

Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ3/3)

「Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ2/3)」の続き。 オプション関係のデータをクラスにまとめた例 「Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ2/3)」の1つ目の例の内、GLib.OptionEntry構造体のconst修飾子付きの配…

Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ2/3)

「Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ1/3)」の続きだが、ここからはサンプルの作成段階で気になった部分に関するメモとなる。 「Vala言語でコマンド行オプションの解析と処理を行う(ページ1/3)」の例ではオプション定義とそのデータを…

PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第4回)

「PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第3回)」の続き。 重大な問題(不具合)? fftestでのテストは成功したかのように見えたが、jstest-gtkなどでボタンや軸の操作状況が確認できる状…

PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第3回)

「PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第2回)」の続き。 fftestコマンドによる振動のテスト 「PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤…

PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第2回)

「PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第1回)」の続き。 もう1つ変更が必要 hid-pl.c(pantherlordドライバ)の対応ハードウェア一覧と思われる部分にPLANEX USBゲームパッドコンバータ…

PSX-CV02上のPlayStation 2コントローラの振動機能をGNU/Linux上で用いるための試行錯誤(Linux 2.6.31.5時点・第1回)

PlayStation(1/2/PSX)のコントローラをUSB接続するPLANEX USBゲームパッドコンバータ(PS/PS2対応・2ポート) PSX-CV02をGNU/Linux上で用いた際には(Linux 2.6.31.5の時点では)そのままでは振動機能は利用できないが、これを使えるようにするべく試行錯誤して…

Oracle(Sun) VirtualBox 3.1のvirtio-net仮想ネットワークカードに関する設定メモとテスト

Oracle(Sun) VirtualBoxのバージョン3.1系からゲストOSの仮想ネットワークカードにvirtio-netを使用できるようになり、ネットワークカードのエミュレーションに関する負担が減る(処理が減る)分だけ動作が軽くできそうだったので、試してみた。 対応ゲストOS …

Vala言語で非同期の外部プロセス実行をオブジェクトのメンバ関数内で行った後で動作がおかしくなる?(後半)

「Vala言語で非同期の外部プロセス実行をオブジェクトのメンバ関数内で行った後で動作がおかしくなる?(前半)」の続き。 前半の問題を解決するには、メニュー項目選択のハンドラ関数の中で定義したオブジェクトが関数の終わりで破棄されないようにすればよい…

Vala言語で非同期の外部プロセス実行をオブジェクトのメンバ関数内で行った後で動作がおかしくなる?(前半)

「cpufreqdのプロファイル手動切り替え /モード切り替え用システムトレイツールをC言語のGTK+で作り直し」のcpufreqd-icon(http://kakurasan.ehoh.net/software/cpufreqd-icon/)の以前のバージョン(0.9系)の機能をVala言語へ移植することに成功し、更に追加…

Vala言語におけるデストラクタについてと動作テスト

クラス名と同名で戻り値のない特殊なメンバ関数をコンストラクタと呼び、クラスをもとにして生成された各オブジェクト(インスタンス)の初期化処理に用いるが、クラス名の手前に「~」を付けた特殊なメンバ関数も存在し、オブジェクトが破棄される直前に呼ばれ…

Vala言語でUNIXドメインソケットを用いてcpufreqdのデーモンと通信するテスト(コード例)

「Vala言語でUNIXドメインソケットを用いてcpufreqdのデーモンと通信するテスト(メモ)」の続き。 コード例 ここではUNIXドメインソケットを用いてcpufrqdのデーモンにプロファイル一覧の問い合わせコマンドを送り、その結果を受け取って解析してリスト構造(G…

Vala言語でUNIXドメインソケットを用いてcpufreqdのデーモンと通信するテスト(メモ)

以前cpufreqdのプロファイル手動切り替え/モード切り替えツールcpufreqd-icon(http://kakurasan.ehoh.net/software/cpufreqd-icon/)を作成したとき(関連記事)には事情によりC言語を用いたのだが、元々はVala言語で作成する予定で、cpufreqdのデーモンとのUNI…

色々なPDFファイルをgzip/bzip2/XZ圧縮してみるテスト

「圧縮の余地があるPDFファイルをXZ圧縮してPDFビューアから開く」では圧縮の余地があるPDFファイルをXZ圧縮してそれをうまく開く方法についてを扱ったが、中で触れたように、圧縮の余地についてはファイル依存となる。 そこで、Web上にある色々なPDFファイ…

Wine上の環境変数の扱いについて(前半)

原則:GNU/Linux上の環境変数を使用 基本的に、GNU/Linux上で設定されている環境変数はそのままWine上の環境変数として用いられる。 テスト [任意]ファイル名: getenvtest.c ライセンス:CC0 #include <stdlib.h> #include <stdio.h> /* * 引数に指定した環境変数を表示するテスト</stdio.h></stdlib.h>…

Vala言語で文字列オブジェクトのメンバ関数scanf()を使用する上でのメモ

Vala言語の文字列オブジェクトのメンバ関数scanf()を用いると、ある文字列オブジェクトの書式を最初の引数の書式に基づいて解析し、その後ろにフォーマットに対応するように渡した引数の変数に値を設定する。これはC言語の標準ライブラリに含まれるsscanf()…

Wine上のopenBVEなどの文字化け(豆腐状態)を回避する強引な方法とWine上のフォントに関する追加メモ

Wine上のopenBVEで このような豆腐状態の文字化けが発生し、以前扱ったレジストリによるフォント置換を色々試してみたがうまく動作せずに色々悩み*1、lsofで/usr/share/wine/fonts/tahoma.ttfが用いられていることは分かっていたため、最後の手段としてこの…

Q4Wine動作時にのみTiMidity++(alsaseqインターフェース)を動かす

以前「TiMidity++をWineのMIDIデバイスとして使用する」で扱っている通り、WineではALSAサウンドシステム上のMIDIデバイスが利用でき、ALSAのハードウェアMIDIデバイスがない場合でもTiMidity++のalsaseqインターフェース(-iAオプション)を用いることで、ALS…

PythonからC言語の関数を呼び出す

バージョン2.5以上のPythonではctypesというモジュールを用いて任意のC言語ライブラリを読み込んでその中の関数を呼び出すことができる。 整数や文字列でないデータ(Pythonの変数)は型を指定する関数を呼んで渡す必要があるなど、扱う上での注意点は色々とあ…

標準入出力についてとcatコマンドを用いたテスト

標準入出力の概要 catコマンドによる既定の標準入力と標準出力のテスト 標準入出力の概要コマンドが実行されると、1系統の入力「標準入力」と2系統の出力「標準出力」「標準エラー出力」が確保される。既定では標準入力はキーボードからの入力、標準出力と標…

Pythonで特定の処理群の実行時間(処理時間)を計測する

Pythonで特定の処理群を実行するのにかかる時間を計測するには、timeitというモジュールのTimeクラスのオブジェクトを用いる。 (2014/10/5)コード例の内容を分かりやすく修正し、リファレンスのリンク先も修正した。 使い方 例 使い方 コンストラクタ引数に…